アトピーエステティシャンが薬を使わずに
脱・敏感肌する物語

新着

美容師時代からエステティシャンになる修行中にあらゆる肌荒れを経験した私が、薬を使い続けたくない一心でたどり着き、メイクもオシャレができるようになりました!

NEWS

ゆめのたね ラジオに出演しました!

2021 / 03 / 23  11:25

 

今回の健康食育博2021に出演したのがきっかけで

発起人の玉木さんのラジオ「ゆめのたね放送局」のわたしチアダイニングに呼んでいただきました!

 

アーカイブがこちらから

 

 

 

食育博のエンディング動画の作成に携わらせていただき、健康食育博に込めた想いもたくさん聞けて、その強さに惹かれました。
病気をお持ちなのに、そうは思えないパワフルさ。
病気と向き合わず、食と向き合うことにしたからと聞きました。
私も肌が特別に敏感で、エステティシャンなのに太りやすくて、自分とうまく向き合えない時、あったな、なんて、玉木さんのご苦労は想像もつかないけれど、そんなお話を聞いて、気づいたことがあります。
「身体の機能を自分が信じているか」
何かに頼ったり、何かのせいにしたり、しっかりと向き合えてない時は、心も弱くなります。
これに気づくと人生が変わる。もっと強くなれる。
私は私と関わる人に、これでもか!と言うほどこのことを伝えたいんだ、と気付きました。私が最初にこのことに気づいたのは美容師を辞めて、エステティックの勉強を深めていたころです。美容師を辞めた理由は、重度の手荒れだったんですが、正直、カットやカラーなどのデザインをすることに苦手意識がありました。反対に、エステティックは体の勉強を深めれば深めるほど、本来の元の状態に戻せばいいんだ。ゴールはここなんだ、と見えるようになりました。芸術的センスは自信ないけど、元の美しい状態に戻すことは私にとってはすごく自然なことでした。
ボディラインも、美肌も、胃腸の状態も、乱れた方がご相談に来てくれて、一緒に乱れた理由を探して、ちょいときっかけを作れば、カラダの変化を実感できます。
あ、カラダってそうなってるのね!気づいた方はみんな笑顔と元気を手に入れます。
特に、トラブルが根深い人ほど、信じるチカラを強く持てる傾向にあるなぁと感じます。だから、トラブルって悪いことばかりじゃないです。私も肌トラブルを何度も何度も回復させてきたからこそ、身体はしっかり元に戻る。だから、大丈夫って心から言えます。今回、玉木さんのラジオに呼んでいただき、いろいろお話を聞いてもらって、同じ健康食育シニアマスターだから通じることがたくさんあり、引き出していただいたのではないかと思います。
過去の辛かったことも、聞いてもらって成仏していくものですね。ふれあうってホントに大切です。